薬に頼らずに便秘を治していこう!

大学生の頃から便秘に悩まされ始め、今、子供を2人産み、専業主婦の32歳になってもまだ便秘は完全に解消されていません。

少しでも気を抜いたり、生活習慣が乱れりと3日間便が出ないこともあります。

中学、高校は部活をしていて、運動量も激しく、運動をしてお腹が空くので食事の量も多く、毎日必ず便が出ていて便秘知らずでした。

大学に入り、部活をやめ運動量が減り、ダイエットのため食事の量も急激に減りました。

また、居酒屋でアルバイトを始めたので、17時から23時までは一切飲食をせずに働き、23時にまかないを食べ、2時に就寝するという生活になりました。

今までは必ず1日に1回は便が出ていたのですが、3日以上便が出ないことも当たり前になってきました。

常に下腹部が重く、手で下腹部を押すととても痛く、便が体にたまっているような感じでした。

同じように便秘で悩んでいる友人が、コーラックを飲んでいたので、私もコーラックを飲み始めました。

飲み始めは、2錠でもかなりお腹が痛くなり、下すような痛みで便が出ました。

アルバイト中や電車に乗っている時などは、いつ便秘薬が効いてくるかドキドキしていましたが、便が出るとすっきりするのでコーラックが欠かせなくなりました。

 

薬は効き目が悪くなってくる

コーラックを飲み始めて半年ほど経った頃には、2錠では効き目がなくなってきました。

1回に飲む量が3錠、4錠とどんどん錠数が増えていき、なかなか薬が効かなくて1日に2回飲むこともありました。

母親に、薬の飲みすぎは将来出産の時に良くないということと、自分で便をする力がなくなると注意され、1度コーラックを飲むことをやめました。

コーラックをやめ、便秘に効く漢方薬を飲み始め、食事や運動で便秘を治すように努力しました。

漢方薬は、コーラックほどお腹は痛くならず効き目は弱いのですが、プラスで食事や運動をすると、だんだん決まった時間に便が出るようになりました。

食事は、白米を雑穀米に変え、朝と寝る前に必ずぬるいお湯をコップ一杯飲むことにしました。

また、それまで朝必ずコーヒーを飲んでいたのですが、その習慣をやめ、ミキサーで野菜ジュースを作るとこにしました。

野菜だけでなく、少し豆乳ときなこを入れました。

あとは、食物繊維が豊富な食べ物をなるべくとるように心がけました。

 

お尻運動も試してみました

運動は、テレビを見ながらお尻でずりずり動くお尻運動をしました。

また、お風呂の中では、手のひらでひらがなの『の』を描くようにマッサージを5分間毎日必ずするようにしました。

また、洗い物や洗濯を干しながら腰を右回り、左回りにゆっくり回す運動もし、腸が活動するように働きかけました。

運動と食事の習慣を気をつけるだけで、かなり便秘は解消されていきました。

2人の子供を出産した後は、また便秘がひどくなったので、コーラックに頼りたくなりましたが、子供がいるとお腹が痛くなったからといってすぐにトイレに行けるわけではないので、規則正しい生活を心がけました。

3食野菜を中心のメニューにし、必ず3食をきちんと食べ、20時以降は食事をせずに23時には必ず就寝するようにしています。

また、子供と散歩するときは姿勢を正し、お腹をへこましたり膨らませたりしながら歩くように心がけています。

当たり前のことですが、規則正しい生活をしていると体のサイクルが出来上がり、便秘をだんだん解消されていきました。

旅行中や実家に帰省すると、食生活や生活習慣が乱れがちになりますが、なるべく乱れないようにお風呂でのお腹のマッサージや朝夜のコップ一杯のお湯を飲むことは必ずするようにしています。

便が毎日出ていると、お腹もすっきりし肌もきれいになり、快適に過ごすことができます。

頑固な便秘の解消法

女性の悩みで多いものに便秘がありますが、私も昔からかなり頑固な便秘に悩まされてきました。

現在42歳ですが、若い時は外回りで走り回る営業をしていました。

仕事中、車の中で便意を感じても、すぐにトイレは見つからず、我慢しているうちに便意が無くなり、出すタイミングを逃がすという悪循環を繰り返していました。また、彼とのデートの予定があると、途中でトイレに行くのが恥ずかしいという想いからも、自然と便意が止まる緊張性のものももっていました。

そんな日々が続き、いよいよお腹の中に便がたまり・・トイレで無理に出そうとすると頑固でキリキリお腹も痛み、最悪なことに、あまりの硬さに便が途中まで出てそこから動かなくなったこともあります。

水分がとても少なく硬く量の多い便でお尻のチカラで切ることもできない・・力んでもそれ以上出すこともできない・・どうしようもなくなり、トイレでシクシク泣き、家族が駆け付けたこともありました。

この辛さは本当に苦しみでした。便が出ないことが恐怖になり仕事に行くことも重荷になった思い出があります。

便秘薬を使用してみましたが・・・

当時、便秘が治るお茶を見つけ通販で購入したこともありました。しかし、毎日お茶をゆっくり飲む時間も無く、飲んだり飲めなかったりして、効果はとても薄かったです。

いけだや通じ丸との出会い

そんなとき、富山に旅行に行き、偶然見つけたものがありました。富山の薬は有名ですが、ツアーで寄ったお店で買ってみたものが自分にぴったり合ったのです。

池田屋安兵衛商店というお店で、「いけだや通じ丸」というものを見つけました。丸く黒い粒なのですが、効能として便秘や肌荒れと書かれています。漢方のようです。

成分にセンナ末、ダイオウ末、アロエ末、ケンゴシ末と書かれています。700粒の袋が2つ入っていました。大人で1度に14~20粒飲むように指定されています。味は少し苦いです。漢方クサイにおいもします。

しかし粒の大きさはほんの数ミリなので、14粒でも一度口に入れたらゴクリと飲めてしまいます。

私の頑固な便秘には最初の1回目ではまだ出ませんでした。飲み方を夜寝る前に変えてみて、もう1度14粒程度飲んでみました。すると朝、お腹が痛む感じがあらわれました。

どうかな・・と思っていると、まず1度、どっさり排出できました。

その感覚が、硬くツライのではなく、スルリと排出できたのです。

量はかなり大量でした。

お腹の中の毒が出たような爽快感を味わいました。

それで終わりではありません。

なんとその数時間後、また同じようなお腹のゴロゴロ感が始まりました。

またトイレへ駆け込むと、さらに同じくらいの量の便が出ました。

今度は便の硬さはかなり柔らかなものでした。

しかしスルリとまたスッキリ感が癖になるくらい気持ちの良いものでした。

結局この日はあともう1度と便意がくる・・という結果でした。

とても気持ちが良いのですが、こんなにトイレへ行かなければならないとなると、運転中とても不安になり、14粒を少し減らすことにしました。

9~10粒に変えて試したところ、以前のように急激にトイレに駆け込むことは少なくなりました。

人それぞれの体調に合わせ、粒の数を変えることがコツなのだと思いました。

センナの効果

なぜこんなに出るのか、調べてみると、「センナ」という成分は下剤に近いものだとわかりました。

センナの成分が腸に入ると、異物として出そうとする原理で排出を促すようです。

下剤に関しては賛否両論あると思います。

しかし、私の場合は、そのくらい頑固なので、センナの成分が入っていることが自分の便秘解消に役立っています。

毎日飲むのでは無く、出なくなり始めたら、少ない量からはじめて飲むように調整しています。

とても調子がよいのですがなかなか市販では手に入らないので、無くなるとインターネットでお取り寄せをしている程です。

薬に頼らず食物繊維も多く取る

薬だけに頼らず、他に解消法としては、普段から水分を極力多く取る事、そして私はレンコンを多く食べた時は比較的便が良くでるように感じました。やはり繊維の野菜は効果があります。

それと、便意が来たら、我慢しないことも、重要だと思いました。女性はやはりトイレに行くのを我慢しがちです。

しかし便意を逃がすと、次の便意までに数日かかることもあります。出したい!というサインを逃がさないことも重要です。

嬉しいことに便を溜めない生活をしていたら、ニキビや吹き出物は全く無くなりました。

私が実践した便秘解消法

私は30歳の男性です。大学を卒業して会社員になってから、便秘に悩むようになりました。職場では常にお腹が張っている状態で、仕事が手につかない毎日。

おまけに便秘の影響で下っ腹はポッコリと出てしまいました。完全な親父体型です。

また、たまった便のせいなのか、体の動きが重くなったような気がしていました。ちょっとした距離でも移動するのが面倒になってくるのです。

このままではいけないと思い、下剤を飲んだこともありました。確かに効果はあります。すぐにトイレに駆け込んでは出すことができます。しかし、薬に頼り続けることに抵抗を感じ、すぐにやめてしまいました。

便秘の辛さは、実際に経験した人にしかわからないものです。どうやったら自然に便が出るようになるのか、私なりに考えました。ここでは私が実践した便秘解消法についてご紹介します。

1、朝の時間に余裕を持つ

仕事に追われた生活を送っていると、朝起きるのがおっくうになるものです。できるだけギリギリまで寝て、朝食もとらずに急いで準備して出社する……、私もそれを繰り返す毎日でした。

こんなにバタバタしていては、トイレに行く時間もありません。そこでは私は朝はやく起きるようにしました。具体的にいうと出社時間の2時間前です。確かに朝早く起きるというのは眠くて辛いです。しかし、きちんと朝食をとる時間もありますし、もちろんトイレに行く時間も持てます。何より精神的に余裕を持つことができるのです。

2、水分補給をしっかりとる

振り返ってみると私は水分をほとんどとっていませんでした。朝のコップ一杯の水だけで、それからは飲んでいない、ということもざらにありました。その影響で便が硬くなって、便秘になってしまったのではないかと考えたのです。

それから私は毎日2リットルは水分補給をとることにしました。当初は結構苦痛だったのですが、慣れると自然に飲めるようなりました。

3、食物繊維をしっかりとる

私は大の野菜嫌いです。社会人になって一人暮らしを始めてからは外食続きで、しかも肉ばかり食べていました。完全な偏食です。これも便秘に影響があるのではないかと考えたのです。そんな時、あるテレビで食物繊維は快便につながると言っていたのを思い出しました。そこで私は、コンビニにあるサラダを毎日購入して食べるようになり、合わせて野菜ジュースを飲むことにしました。

4、適度に運動する

運動不足は体にさまざまな影響を及ぼすものです。ひょっとして便秘にも関係しているのかもしれないと思ったは私は運動をするようになりました。仕事終わりに週3回、近所のジムで汗を流しています。おかげでずいぶんと代謝が良くなったような気がします。

5、ウォシュレットで肛門を刺激する

これは、私の趣味の域です(笑)。なんだか肛門を刺激すると、便意をもよおすような気がするのです。

以上のことを、試してみました。あらかじめ申し上げますと、私が実践したことに医学的根拠はありません。まったく持って素人が素人なりに考えた便秘解消法です。本当は専門家の指導に基づくものを試したほうがいいと思います。

しかし、私には効果がありました。見事に便秘が解消されるようになったのです。

便秘解消法を実践してから一週間後のことでした。出社前に朝食を食べて、しばらくのんびりとテレビを見ていると、便意をもよおしてきたのです。私はそのままトイレに駆け込んで、便を出すことができました。その後も、毎日その調子だったとのです。健康的で規則正しい生活を送ったことが良かったのだと感じずにはいられませんでした。
便秘を解消するためには、生活を見直すことが大切です。時間に余裕を持って行動し、適度に運動して、しっかり水分と栄養をとることで、不調だった体を快調にすることができるのではないでしょうか。

出産後に酷い便秘になりました

41歳主婦です。二人の子供がいて一人目の時は母乳を飲まずにすぐにミルクに変更したのですが、二人目の時は母乳一本で育てました。

母乳をあげてるときは水分を取られるので便秘になりやすいと聞いたことがあったのですが、育児をしていると水分補給の事などあまり気にかける事余裕がありませんでした。

それどころか母乳が出すぎていたので、水分は控えめにするように教えてもらっていたのです。

元々が便秘症だったので最初の一ヶ月目はあまり気にしないでいたのですが、二ヶ月目に入る頃にいきなり便が固すぎて出ないのです。

一時間トイレに座っても出そうで出ない、どうしようかとかなり焦りました。

母乳を与えてることから薬を飲む事に抵抗もあったし、すぐそこまで便がきてるので腸の中に溜まってる状態ではない事で整腸剤を飲んでもすぐに効果が出ないと思い、とりあえず産婦人科に行きました。

しかし、処方されたのが整腸剤だったのです。

 

浣腸でとりあえず出す

すぐに出したいことから浣腸をする事を母親に提案されました。

しかし、今までに一度もした事なかったので心配もありましたが、それよりも出したいという気持ちが大きかったのかすぐに実行にうつしたのです。

するとそこまできていた便が柔らかくなり、すぐに出てくれたのです。

考えたら一週間以上も便が出ていなかったのです。

そしていざ出そうになると今度は固すぎてでないという悪循環になってしまったのです。

子供にアレルギーがあったので乳製品などを取ることが出来なかったことも大きな理由の一つになってると思いますが、こんなに酷くなるならもっと早めに対処していればと後悔しました。

 

小豆で便秘解消

その後も何度か便秘に苦しみ、そのたびに浣腸をしていました。

しかし、浣腸は癖になるので出来るだけ使う事を避けたかったので酷くなる前に薬などを飲んで対処していました。

食事制限があったりした中でも体重が落ちないことから始めた大好きな小豆を小腹がすいたら食べるようにしたらいきなり便秘が解消してきたのです。

最初はダイエットのつもりで食べていたのですが、この小豆には食物繊維が沢山含まれてると後で知りました。

最初は小豆の効果で便秘が解消したとは思っていなかったのですが、変化があった事といえば小豆を食べ始めた事ぐらいだったのです。

おかげで体重も少しずつ落ち始めて、便秘も解消どころか食べ過ぎてしまうと逆に軟便になるくらい効果があります。

なので好きで食べてるとはいえ、あまり効き過ぎる時には食べるのを中止するほどなのです。

和菓子が好きでアンパンも好きだけど周囲のパンがあまり好きではないという事で小豆だけを買って食べていたのです。

それで便秘解消はできたのですが、なるべく運動や野菜などの食物繊維で治したいという気持ちがあります。

小豆も良いのですが糖分の取りすぎになるのではないかという点が気になるのです。

私の遺伝子をついだのか子供も二人とも便秘症で整腸剤をかかせない、あまりに酷い時は酸化マグネシウムを飲ませるのです。

一度酷くて嘔吐したことがあるので子供の便も気をつけてみるようにしています。

私自身も出来るだけ水分をとるようにする、あまりに出ない時は小豆を食べたり、コーヒーを飲んでも便秘が解消される事に最近気づいたので飲むようにしています。

それでも出ない時は整腸剤などを服用するようにして出来るだけ体の中に長期間溜めないように気をつけているのです。

子供がまだ小さいのでゆっくりとトイレに座ることが出来ない、トイレに行きたいと思っても我慢してしまう事もあるので出来るだけ我慢しないでしたい時には時間をつくって座るようにしています。

便意というのは我慢してしまうと遠のいてしまうので気をつけなくてはいけません。

薬頼りだった排便がヨーグルトでスムーズに

25歳の事務員の女性です。今まで便秘には悩んだことがなく、毎日排便がある程の人間でした。

ですが、転職をして事務員となってから急に便秘になってしまったのです。

元の職種が営業で運動量があったのに運動することが全くない事務職に転職してしまったこと、同時に1人暮らしを始めて外食することも増え、栄養バランスが崩れていたことも原因だと思います。

特に酷い時には1週間排便が全くない時もあり、スキニーパンツやスカートを履くとお腹が張っているのできつく感じることも多かったですね。

また、便秘のせいか体が重く感じたりだるく感じることも多かったです。

お腹の張りは常にありましたし、腹痛があっても排便がないので仕事中も困ってしまって体には負担になると分かっていても市販の便秘薬を服用することも増えていきました。

ですが便秘薬を服用するといつ腹痛や排便があるか分からないので、外出するのも怖くて困っていました。

なので、なんとか薬以外の方法で便秘解消をしようと思いまずは食生活の改善をすることにしました。

できるだけ食物繊維が豊富な野菜類を食べるようにしていたのです。

ですが実際にしてみると時間がなくて食べることができなかったり、他のおかずでお腹がいっぱいになってしまって食べることができないことも多くありました。

もちろん便秘解消の効果は感じることができなかったので「一体どうすれば良いのか」と悩んでしまっていましたね。

ホットヨーグルトで便秘改善

そんな時に雑誌で紹介されていたのが「ホットヨーグルト」でした。

多くのモデルもしている便秘解消方法のようで、どんな頑固な便秘の人でも効果が実感できると紹介されていたので、興味を抱いたのです。

ヨーグルトと言えば冷たい食材というイメージありますが、ホットヨーグルトの場合はその名の通りヨーグルトを温める必要があります。

大体レンジで1分くらい温めて、人肌程の温度にしてから食べるという方法です。

温めることで乳酸菌の働きが活性化されるので便秘にも効果があるそうです。

ですが、正直「食べにくそう」という印象を強く持ちましたね。

温めると苦味が出てしまうので、蜂蜜をかければ食べやすいとアドバイスがあり早速試してみたのですが、確かに食べにくいということはなくて美味しく食べることができました。

ヨーグルトも特別なものを購入する必要はなく、スーパーやコンビニで販売している脂肪分0のものを購入すれば良いだけなので仕事が忙しくても続けることができました。

1週間で便秘が改善スムーズなお通じに

そんなホットヨーグルトを食べ続けて1週間程度経った頃、少し腹痛があったのでトイレに行ったところ最近では無かったくらいにスムーズに排便があったのです。久しぶりにすっきりとしたので感動しましたね。

それからも3日に1回、2日に1回と少しずつ排便の回数も増えていきましたね。1番嬉しかったのは、排便があるのに腹痛がほとんどないことです。

あったとしても耐えられるくらいの少しなもので、気にせず外出することができますし、仕事やプライベートの邪魔をすることもありません。

毎日夕飯を食べた後にスプーン4杯くらい食べていただけで、1日に1回しか食べていないのでここまで効果があることには驚きました。

特にダイエットはしていなかったのですが、便秘が解消されたことによって体重も自動的に減っていってくれたのでそれも嬉しかったですね。

便秘の解消ってその症状が頑固な程、解消するのにも時間がかかってしまいます。

何か便秘解消方法を試してみたけれどすぐに効果が出なかったからと言って諦めるのではなく、1週間は続けてみるなど長い目で見ることが大切なのではと思います。また、ホットヨーグルトのように自分の生活に無理なく取り込むことができる方法を選んだ方が良いと思います。